不動産の相続手続き

不動産(土地や建物)を相続した場合、不動産名義変更(相続登記)の手続きが必要です。
相続相談センターでは、必要書類の収集・提出、申請書の作成・提出など面倒な不動産名義変更の手続きをすべて代行いたします。(必要書類の収集申請書の作成だけでもご依頼いただけます。)
手続きに必要な、“遺産分割協議書”や“相続人関係図”を作成し、登記変更のために司法書士と連携します。

80,000

司法書士の登記料は別途費用がかかります。
以下、加算項目です。

■ 不動産

  • 不動産が自宅の場合、上記価格
  • 不動産が自宅以外の場合、+10,000円/筆

■ 財産件数

  • 合計件数が10件以下の場合、上記価格
  • 合計件数が11件目以降、+5,000円/5件

※ 不動産については財産件数に含めない。

■ 相続人の人数

  • 相続人が5人までの場合、上記価格
  • 相続人が6人目以降、+10,000円/人

※以前亡くなられた相続人も含めてカウントします。

こんな方におすすめ

  • 必要書類をそろえる時間がない方
  • 申請書を作成する時間がない方
  • 法務局へ行く時間がない方
  • とにかく早く手続きを完了したい方

不動産名義変更の基礎知識

不動産名義変更

不動産名義を変更しなくても罰せられることはありませんが、所有権の主張や他の相続人とのトラブルを避けるため、速やかに管轄の地方法務局で手続きすることをおすすめいたします。

必要書類の収集や申請書の作成など面倒なことが山積みで、固定資産税などの税金を故人名義のまま払い続けている方(相続人)も少なくないようです。
また、不動産名義を変更していなかったため、後に相続人同士がもめるような事例も多数発生しており、特に相続人に亡くなっている方がいる場合は、もめるケースが多いようです。

「あとでいいや」と相続登記を後回しにせず、ぜひ一度相続相談センターにご相談ください。
迅速、かつ確実に不動産名義変更手続きを完了できます。