銀行預金の相続手続き

預金名義変更は『想像よりもずっと複雑な手続き』です。「書類の不備などで何回も金融機関に足を運んだ。」実際にご自身で預金名義変更手続き行った方からの声です。相続相談センターでは、預金の名義変更に必要な書類の作成を代行いたします。また、金融機関の窓口に行く時間がない方のために、必要書類の作成代行から金融機関窓口でのお手続きまで、すべて代行することもできます。

必要書類の作成代行
銀行窓口でのお手続きを
お客様ご自身で行っていただく場合

15,000円/支店

完全代行
銀行窓口でのお手続きまで
すべて当社で代行する場合

30,000円/支店

※残高証明の取得も同時に行う場合、3,500円/通で承ります。
(残高証明の取得を単独でご依頼いただく場合、20,000円/支店)

こんな方におすすめ

  • 金融機関の窓口に行く時間がない方
  • 必要書類をそろえる時間がない方
  • とにかく早く手続きを完了したい方

預金を相続する際の基礎知識

預金口座名義変更

金融機関が預金口座の名義人が亡くなったことを確認した時点で、その口座を凍結して取引を停止します(現金の引出しや入金ができなくなります)。
現金を引き出すためには、預金口座の解約または名義変更手続きを行う必要があり、必要な書類をそろえ、金融機関の営業時間内に窓口で手続きを行います。金融機関の窓口担当者も不慣れなため、より時間がかかるケースも少なくないようです。迅速、かつ確実に預金名義変更手続きを行うためにぜひ一度ご相談ください。